私は温泉だけでなく、日本酒にもはまっています。
酒であることすら忘れてしまう一杯に出会うと、
もはや芸術品の類ではないかと思うことさえあります。


●お気に入りの銘柄をいくつか●
田酒(青森)、浜千鳥(岩手)、まんさくの花(秋田)、上喜元(山形)、美田鶴(栃木)、
丸真正宗(東京)、二人静(千葉)、磯自慢(静岡)、喜久酔(静岡)、山鶴(奈良)、
梅の宿(奈良)、小鼓(京都)、秋鹿(大阪)、南(高知)、土佐しらぎく(高知)、
金泉(広島:廃業)、獺祭(山口)、千代の園(熊本)
枚挙に暇がありません。

※芋焼酎の世界でも目からうろこが落ちました←「黒天狗(鹿児島)」
※すっきりとした味わいの「泡波(沖縄)」を飲んでから、泡盛もいいですね。


●酒器●
私は基本的に「冷や」もしくは「常温」で味わいます。
以前は「すりガラスのグラス」が良いと感じていましたが、いろいろ試した結果、
最後に行きついたのは「利きチョコ」すなわち底に青い二重丸のある磁器です。
日本酒を味わうには今のところ、私はこれがベストです。